1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ

1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ

  • Physical (via warehouse)
    書籍版+PDF版
    Mailbin OK
    1,100 JPY
  • Digital
    PDF版
    1,500 JPY

【立ち読み版】 https://drive.google.com/file/d/1RMl48jwfSdR8pkXC65A_qzm9CnSkDBTZ/view?usp=sharing 【本書の内容】 SwiftUIでアプリをつくりたいあなたへの一冊。 レイアウトシステム、基本Viewの使い方、Combine、豊富で実践的なサンプルアプリを掲載。 SwiftUIを使いこなして思いどおりのアプリをつくろう! 【動作環境】 本書は次の環境で検証しています。 ・ iOS 13.3 ・ Xcode 11.3 ・ Swift 5.1 ・ macOS 10.15 【対象読者】 本書は次の読者を対象としています。 ・ 個人/会社問わず1人でSwiftUIに挑戦している方 ・ SwiftUIでアプリ開発をしたい方 ・ SwiftUIのチュートリアルを終わらせてもっと深く学びたい方 【目次】 ・ 第1章「SwiftUI概要」  ・ SwiftUIの概要を解説します。SwiftUIとはどんなコンセプトで作られ、どんな特徴や利点があるのかをお伝えします。 ・第2章「SwiftUIのレイアウトシステム」  ・Viewのレイアウトがどのように決まるのかを解説します。これを理解すればアプリの画面作成の助けになるでしょう。 ・第3章「SwiftUIの座標空間」  ・SwiftUIで各Viewの座標やサイズを把握する方法を解説します。 ・第4章「基本Viewの使い方」  ・TextやImageなどSwiftUIで提供されている基本的なViewの使い方を解説します。 ・ 第5章「Combine」  ・SwiftUIとともにiOS 13から導入された非同期イベントフレームワークCombine。SwiftUIとともに使われる機会が増えていくのでじっくり理 しましょう。 ・ 第6章「レシピ:GitHubAPIリポジトリ検索アプリ」  ・GitHubAPIを使ってリポジトリ情報をアプリに表示しましょう。ネットワークとSwiftUIの連携方法が学べます。 ・第7章「レシピ:お絵かきアプリ」  ・ユーザーが指でなぞると絵が描けるお絵かきアプリをつくましょう。消しゴム機能やキャンバス機能もあります。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

【立ち読み版】 https://drive.google.com/file/d/1RMl48jwfSdR8pkXC65A_qzm9CnSkDBTZ/view?usp=sharing 【本書の内容】 SwiftUIでアプリをつくりたいあなたへの一冊。 レイアウトシステム、基本Viewの使い方、Combine、豊富で実践的なサンプルアプリを掲載。 SwiftUIを使いこなして思いどおりのアプリをつくろう! 【動作環境】 本書は次の環境で検証しています。 ・ iOS 13.3 ・ Xcode 11.3 ・ Swift 5.1 ・ macOS 10.15 【対象読者】 本書は次の読者を対象としています。 ・ 個人/会社問わず1人でSwiftUIに挑戦している方 ・ SwiftUIでアプリ開発をしたい方 ・ SwiftUIのチュートリアルを終わらせてもっと深く学びたい方 【目次】 ・ 第1章「SwiftUI概要」  ・ SwiftUIの概要を解説します。SwiftUIとはどんなコンセプトで作られ、どんな特徴や利点があるのかをお伝えします。 ・第2章「SwiftUIのレイアウトシステム」  ・Viewのレイアウトがどのように決まるのかを解説します。これを理解すればアプリの画面作成の助けになるでしょう。 ・第3章「SwiftUIの座標空間」  ・SwiftUIで各Viewの座標やサイズを把握する方法を解説します。 ・第4章「基本Viewの使い方」  ・TextやImageなどSwiftUIで提供されている基本的なViewの使い方を解説します。 ・ 第5章「Combine」  ・SwiftUIとともにiOS 13から導入された非同期イベントフレームワークCombine。SwiftUIとともに使われる機会が増えていくのでじっくり理 しましょう。 ・ 第6章「レシピ:GitHubAPIリポジトリ検索アプリ」  ・GitHubAPIを使ってリポジトリ情報をアプリに表示しましょう。ネットワークとSwiftUIの連携方法が学べます。 ・第7章「レシピ:お絵かきアプリ」  ・ユーザーが指でなぞると絵が描けるお絵かきアプリをつくましょう。消しゴム機能やキャンバス機能もあります。